グロップの行っている教育事業とは

今の日本の抱える問題として不登校児があります。何らかの理由によって学校からドロップアウトしてしまった生徒は、誰にも相談出来ずに一人で苦しんでいるのです。

こういった問題は先生や家族では対応が出来ず、悪循環に陥ることもあります。そこで、グロップの東京家学では大学生のスタディパートナーを派遣して、通学のサポートを行っています。

現代日本の問題となっている不登校

現代の日本では不登校が社会問題となっています。多くの人にとって学校へ通うことは当たり前という意識がありますが、中にはさまざまな理由で学校からドロップアウトしてしまう生徒もいるのです。現在の日本には約17万人の不登校児がいることから、誰もが不登校になる可能性を持っています。

こういった子どもを抱える家族は常に悩んでいますが、最も悩んでいるのは不登校児本人です。

それでは、無理やり不登校児を投稿させれば良いのでしょうか?決してそのようなことはありません。不登校になる理由はさまざまであることから、ひとつのマニュアルだけで対応出来るものではないのです。

不登校児に無理を押し付けることは大きなストレスとなり、かえって逆効果になります。そのため、不登校になった理由を分析して、一人ひとりに合わせた対応をしなければなりません。

不登校児のケアは対人間であることから、真摯に向き合わなければなりません。常に不登校児の立場に立って接する必要があります。

グロップの行う不登校児への取り組み

グロップの不登校への取り組み全国的に広まっている不登校問題ですが、グロップの教育事業ではそれに対する取り組みを行っています。それは東京家学と呼ばれるサービスで、不登校児専門の家庭教師の派遣です。

子どもが不登校になる原因はさまざまで、ひとつのマニュアルで対応出来るほど簡単な問題ではありません。

この原因を分析できるのは学校の先生、クラスメイト、家族などではありません。第三者の目線に立つことで明確な原因が明らかになるものです。

東京家学の派遣する家庭教師は大学生が中心で、先生やクラスメイト、家族にも言えないことを相談することが出来ます。不登校に陥る年代の子どもは多感な時期であるため、近しい人にはかえって話せないものです。

また、学校とは勉強を学ぶ場所だけではありません。世間での常識や社会性を学ぶ場所でもあります。

それでは、不登校になってしまうと常識や社会性が学べなくなるのでしょうか?決してそのようなことはありません。東京家学を通してそれらを学ぶことが出来ます。つまり、東京家学の家庭教師は一般的な家庭教師以上の存在なのです。

東京家学の手厚いサポート

グロップの東京家学が派遣する家庭教師は大学生が中心で、スタディパートナーと呼ばれています。一般的な家庭教師が勉強のみを教えますが、スタディパートナーは社会性なども教えています。

外出が出来ない生徒に対しては家庭訪問を行って、そこから支援を始めます。これはアウトリーチと呼ばれているもので、コミュニケーションを取ることで生徒の抱える悩みや問題を抽出しています。先生や家族とは異なるお兄さんやお姉さんが相手であることから、生徒は本当のことを話すことが出来るのです。

中には外出すること自体がハードルになっている生徒がいます。そういった生徒には特別にカウンセリングを行い、計画を立てて外出同行を行います。行き先はスタディパートナーの在籍する大学で、こういった場所を散歩することで学校という雰囲気に慣れることが出来るでしょう。

そのほかに生徒のリクエストによって美術館、映画、スポーツ観戦、遊園地などへ行く場合もあります。

東京家学の開催するフリースクール

グロップのフリースクールグロップの東京家学では、まず訪問支援を行うことで生徒の状況を把握します。その後、生徒一人ひとりに合わせたカウンセリングを行い、外出をサポートします。これによって外出に慣れたら、フリースクールへの通学を支援します。

いきなり一般の学校へ通うことはハードルが高いものですが、フリースクールは少人数制となっているため生徒への負担も少なくなっています。フリースクールでは基本的に一人のスタディパートナーに対して、一人から三人で授業を行います。

しかし、いくら外出が出来たとしてもフリースクールへの通学に抵抗を持つ生徒がいます。

そこで、そういった生徒のためにスタディパートナーが付き添いを行い、次第に通学のスタイルに慣れることが出来ます。いきなり学習指導をするのではなく、音楽、体育、美術、技術などの実技中心の授業なので、すぐに親しむことが出来るでしょう。

さらに、中学生であれば在籍する中学校の校長の承認があれば出席扱いとなり、通学定期券を発行することが出来ます。

現在の日本ではこういった不登校問題が蔓延していますが、先生や家族では解決出来ない場合がほとんどです。

しかし、東京家学のスタディパートナー制度であれば第三者の大学生であるため、生徒も気軽に相談をすることが出来ます。さらに、外出のサポートを行い、フリースクール制度もあるため、不登校の問題を解決することが出来ます。