人材派遣会社の面接で一般常識テストがあるの?

派遣会社の面接様々な企業に、人材を送り出している派遣会社。
人材派遣会社を通して仕事をするためには、まずは派遣会社に行って、履歴書や職務経歴書などの書類を提出し、その会社に登録をする必要があります。

その際に行われる面接では、その場で一般常識テストを行う場合もあります。あるいは、後日インターネット上でテストを受けるパターンもありえます。
テストの有無は人材派遣会社によって異なりますし、その内容やレベルもそれぞれ違っています。

ただし、基本的には派遣会社ごとのスキルとは別の、あくまで一般常識をチェックするテストなので、そこまで大仰な対策をしなくても大丈夫なところが多いです。

間違えやすい漢字の読み書きや、簡単な計算問題の復習、時事関係のピックアップニュースなどをチェックしておくと良いでしょう。

人材派遣会社の面談前の仕組みについて

人材派遣会社を通して仕事をするためには、まず派遣会社ごとの「登録会」に出向く必要があります。

登録会で行うこと

この「登録会」では、自分の希望やプロフィールを派遣会社に伝えて、実際に働き企業とのマッチングをしてもらうための準備のようなものです。

登録会において、実際の派遣会社でどのような企業と繋いでくれるのか、給与体系はどのようになるのか、各種保障や保険はどうなるのか、出勤の管理や今後の流れ等について、詳しく説明されるのが一般的です。

不安なことやわからないことをその場で質問し、解説してもらえるので、企業の説明会と似ている部分もあるでしょう。

希望の職種やこれまでの経歴、スキル等もここで正確に登録するため、履歴書や職務経歴書を整理してもっていくことになります。

近年は、ウェブ上で登録をしてから登録会に出向くケースも増えているため、登録会全体の所要時間は、場合によってまちまちです。

その場で面接やスキルチェック、一般常識のテストをされることもあれば、後日別日程を組まれる場合もあり、内容やタイミングもまた、人材派遣会社によって異なると言えます。

人材登録会社のスキルチェックと一般常識テストは別もの

一般常識テスト人材派遣会社におけるスキルチェックは、一般常識テストとは違います。
どちらも面接時に組み合わせて行ったり、後からウェブで行ったりすることもあるので、しばしば混同されてしまうことがありますから、注意してくださいね。

スキルチェックとは、あなたが今後死亡する業務の上で必要な技能を確認するためのものです。

一般的に行われるものとしては、パソコン操作の類が多いと言えるでしょう。ワードやエクセル、パワーポイントなどの使い方から、タイピングの正確性やスピードをチェックする場合もあります。

更に特化した技能であれば、フォトショップやイラストレーターの技能をチェックする場合もありますね。

外国語を使用する仕事の場合は、ヒアリングチェックやタイピングチェックなどのスキルを確認される場合もあります。
一般常識テストとは違い、事前に課題が提示されるところもあるので、よく確認しておくようにしましょう。

ただし、スキルチェックは何かの合否を決めるテストではなく、一般常識の確認と同じで、あくまで人材派遣会社があなたのスキルを確認し、希望の職種に紹介しやすくするためのものです。

スキルアップを目指せる制度があったり、研修プログラムが組まれていたりするところもありますから、リラックスして臨みましょう。

一般常識はテスト以外でも見られている?

人材派遣会社に出向く際、一般常識を図られているのは、何も面談やテストのときだけではありません。

服装や言動など、あなたのスタイル全体からも、一般常識はしっかりチェックされているということを、心にとめておきたいですね。登録会や面接に行く際、好ましいのはスーツスタイルです。

特に指定がなければ、ブラウスとスカートのようなスタイルや、ノータイのスタイルでも構いませんが、フォーマルな格好で統一しましょう。

折角の勝負スタイルも、シワや汚れがあってはマイナスになってしまいますから、清潔感は大切にしてくださいね。

女性はナチュラルメイク、男性はヒゲをきちんと剃っていくことも忘れずに。
髪色に関しては、基本的に明るすぎないものが良いでしょう。

ファッション関係など、一部例外であれば問われないことが多いですが、スーツをはじめとしたフォーマルなスタイルになったときに、ヘアスタイルだけ浮いてしまわないようなカラーリングを目指すと良いですね。

その後の派遣先によって、また髪色や服装の指定が入って来る可能性も高いですから、まずは一般常識を意識した基本的なスタイルで面接に臨むのが間違いないでしょう。

人材派遣会社の面接で一般常識テストがあるの?

1.人材派遣会社は面接時に一般常識テストがあるところも
人材派遣会社によっては、面接時に一般常識テストが行われます。
漢字の読み書きや計算問題、時事関係等が出される場合が多いので、基本をチェックしておきましょう。

2.人材派遣会社の面談前の仕組みについて
人材登録会社を通して仕事をするためには、まず登録会に参加する必要があります。自分の希望やプロフィールを登録して、就業するための説明を聞いたり、面接やテストをしたりする場合もあります。

3.人材登録会社のスキルチェックと一般常識テストは別もの
人材派遣会社によっては、面談時に一般常識の確認と共に、スキンチェックを行うこともあります。一般的なパソコンのスキルから、外国語スキルなどの特化したものまで、あなたのスキルを確認するために行われます。

4.一般常識はテスト以外でも見られている?
人材派遣会社における一般常識チェックは、決して面談時のテストだけでは決まりません。服装や髪形をはじめとしたスタイルや、あなた自身のふるまいなどによってもチェックされているということを忘れずに臨みましょう。