人材派遣の面接で休日の過ごし方を尋ねられたら?

正直に、でも具体的に話しましょう

休日の過ごし方休日の過ごし方は人それぞれ、どのように使うかは自由です。
一方でそうした時間の使い方はあなたの人となりを少なくとも現すものであり、あなたという人物像がそこから見えてくるものです。

さて、人材派遣の面接で休日の過ごし方を尋ねられる場合があるかもしれません。

一瞬それが仕事をする上で一体何の関係があるのだろうと不思議に思うかもしれませんが、面接官はあなたがどんな人物かを知ろうとしているのです。

そのような場合には興味深い人物だと思わせようとして実際とは全然違う自分を演出するのではなくなるべく正直にでも具体的に話をしましょう。
それほど珍しいことをしていなくても具体的にはっきりと物事を伝えることがどうかがポイントとなってきます。

ダラダラ休日を過ごしているならどう答えればいい?

では本当に休日はひたすらダラダラして過ごしている場合はどうでしょうか?正直に話すなら「ダラダラした無趣味な人間」と判断されてしまうのでしょうか?

必ずしもそうとは限りません。
休日をゆったりと過ごすことはなにも悪いことではなく、一流企業に努める人間でもそのような休日を過ごしている人はたくさんいるでしょう。

むしろ大切なのはこうした会話を振られた時にきちんとコミュニケーションを取れるかどうかが大切になっています。
面接官はあなたの休日の過ごし方に本当に興味があるというよりは、あなたがどのように会話し話せるかに興味をもっています。

焦らないことが大切
ぜひ焦ることなく正直に、具体的に話すように心がけましょう。
よく考えてみれば派遣先が決まって、新しい職場で仕事を始めれば新たな人たちとの人間関係を築く作業が始まります。

もちろん仕事の話が中心になってくるでしょうが、休憩時間などに新たに職場に加わったあなたのことを知ろうとして色々な質問を投げかけてくるかもしれません。
休日の過ごし方なども当然聞かれる分野かもしれませんね。

自分が趣味と思ってなくても実は興味を持たれるかもしれません

趣味があるかも?「趣味は特にありません。」と言う人はたくさんいますが、実際に色々その人と話をしていくうちにおもしろい趣味を持っていることに気づくということは少なくありません。

恐らくその人自身としては「趣味というほどのものではない」ということなのでしょう。

あなたにももしかするとそうした側面があるかもしれません。
人材派遣の面接で休日の過ごし方を聞かれたらどうしようと考えた場合、自分にはそこで話すほどの趣味がないと感じるかもしれません。

しかし自分が趣味というほどたいそうなものだと思っていなくても、聞く人からすると非常に興味深い話はあるかもしれません。趣味として話すことをためらう一つの要因として、それほど頻繁にやっていない、行っていないという点があるかもしれません。

例えば毎月釣りに行く人は「趣味は釣りです!」と言いやすいかもしれませんが、たまにしか行かない人は趣味として堂々と語りにくと思ってしまうわけです。

しかしよく考えれば面接で休日の過ごし方を尋ねられているだけなので立派な趣味を示そうとする必要はありません。
なんでも構いませんので自分のことを表現したり伝えたりできるよう話してみることは大事なことです。

なにか趣味を見つけてみるのもひとつの方法

なにか好きなもの、詳しいもの、趣味を見つけるということは自分自身が楽しむだけでなく人脈を広げる助けになることも少なくありません。

それは実際に仕事が始まってからでも人とコミュニケーションをとる場合の武器になることがあります。
それで面接時に休日の過ごし方を聞かれた場合の対策としてだけでなく、この機会になにか趣味を見つけてみるのも一つの手です。

もちろん無理に趣味を見つけるというのは難しいものですが、今まで実は興味があったけどまだトライしてみたことがないものを始めてみるのも良いでしょう。

人材派遣の面接で休日の過ごし方を尋ねられた場合には、正直に、できれば具体的に答えましょう。
自分としてはそれほどの趣味、またエピソードではないと思ってもできれば積極的に話してみるようにしましょう。

そして機会があれば色々な趣味を見つけて、今後の人間関係拡大に役立てましょう。
くれぐれも無理をして自分をカッコよく見せる話をしたりしないように気をつけましょうね。

人材派遣の面接で休日の過ごし方を尋ねられたら?

1.正直に、でも具体的に話しましょう
人材派遣の面接で休日の過ごし方を尋ねられた場合は正直に、それでいて具体的に話しましょう。
嘘をついて自分を演出する必要はありませんので自然体の自分を表現するようにしましょう。

2.ダラダラ休日を過ごしているならどう答えればいい?
仮に休日はただゆっくりとして過ごしているとしても、無理に自分をカッコよく見せようとする必要はありません。
休日の過ごし方を尋ねる質問はむしろあなたのコミュニケーション能力を測るために尋ねられているのかもしれません。

3.自分が趣味と思ってなくても実は興味を持たれるかもしれません
自分では趣味として発表するほどのことではないと思っていても、聞く側にとっては興味深く聞けるものも多いものです。
仮にたまにしかしないものだとしてもせっかくですから話してみるならば向こうの質問の目的は十分に果たされるでしょう。

4.なにか趣味を見つけてみるのもひとつの方法
良い機会ですからなにか趣味を見つけてみるならば、面接の時だけでなく、仕事が始まったあと新しい上司や同僚とコミュニケーションをとったり、人間関係を構築する際にも役立つでしょう。