人材派遣会社の面接で貴社と御社のどちらを使うべき?

書き言葉と話し言葉で使い分ける

御社と貴社の違い人材派遣会社の面接において、正しい敬語が使用できることはとても重要な条件となって来ますよね。

実は多くの人が間違って覚えてしまっているもののひとつに、「貴社」と「御社」の使い分けがあります。

どちらが正しいのか、どちらをどのように使うべきか把握できていない人が、意外にも多いのです。

確かに似たような意味の漢字が組み合わさった単語であり、同じようなシーンで使用されることが多いので、どちらがどちらか判断できなくなってしまう人も多いでしょう。

基本的に、話し言葉の場合は「御社」を、書き言葉の場合は「貴社」が適しています。

面接のようなシーンでは、人材派遣会社サイドや、実際に派遣されていくことになる企業に対しては、「御社」という表現を使用すると良いわけですね。

どちらも使えるようにしておこう

前述したように、人材派遣会社の面接において、人材派遣会社サイドのことは「御社」と言い表すのが適切です。
これは面接が対面による会話だからであり、「御社」は基本的に話し言葉で相手の会社を敬う表現だからです。

同音異義語が少ないため、「貴社」よりもより適切に、口頭で相手にニュアンスを伝えられるからと言われています。

この表現を理解していることで、社会人としての基本的なビジネス敬語を身に着けているアピールになります。

これはどのような企業に派遣されていく場合であってもとても重要です。
職種こそ様々であれど、正しい敬語をきちんと使い分けることが出来るというのは、社会人としてのとても大切なマナーだからです。

それでは、逆に「貴社」はどのような場面で使用するのでしょうか?
基本的にこちらも前述した通り、「貴社」とは書き言葉における相手の会社を敬う日を右舷です。

そのため、メールにおけるやり取りや、履歴書や添え状などにおける表現には、「御社」ではなく「貴社」を使用するのが適切というわけです。

敬語表現を正しく使い分けよう

人材派遣会社の面接を受ける前に、まず一通り、自分の敬語表現について見直しておくと良いでしょう。

「貴社」と「御社」の使い分けのように、わかっているようでどちらがどのように正しいのか、把握できていない人が多い場合もあります。

人材派遣という形態上、正しい敬語を使用できるということは、それだけ人材派遣会社の方もより社会的マナーを身に着けた人材を他社に送り出すことが出来るということです。
正しい敬語を使い分けることが出来る人ほど、就業ニーズも高まりやすいとも言えますね。

まず、「丁寧語」と「尊敬語」、「謙譲語」の三つを再度整理しておきましょう。

「丁寧語」は、どのような相手に対しても使用することが出来る表現であり、表現そのものを丁寧にするものです。

「尊敬語」は、相手を敬っている場合に使用する表現で、基本的に相手を立てるための表現です。

そして「謙譲語」が、相手を敬っている表現で、へりくだって自分を表現するときに使用するものです。

「行く」という言葉に対して、丁寧語であれば「行きます」、尊敬語であれば「いらっしゃる」、検事用語であれば「伺う」「参る」といった表現になる仕組みですね。
これらを理解しておくことで、面接やメールでも正しい言葉遣いが出来るようになっていきますよ。

ミスしやすい敬語表現について

ミスしやすい敬語面接における敬語表現は、あなた自身の常識力にも繋がって来ます。

一般的な企業も同様ですが、人材派遣会社の場合は、的確なスキルを持った人材を派遣することで信頼を獲得していますから、そのあたりにはより厳しいところも少なくありません。

よく間違いやすい敬語表現は、事前にきちんとチェックしておきましょう。
人材派遣会社の担当者とも、派遣先となるであろう企業との面接官とも、適切な敬語表現で会話できるようにしておけると良いですね。

正しい言葉遣いによって、より良い印象を抱いてもらいやすくなることも多いのです。

たとえば、「お伺いする」という表現は、二重敬語に当たってしまいます。
一般の相手に対して、この表現を使用することは基本的にありませんが、よく間違って使ってしまう人が多い表現でもあります。この場合は、「伺います」で良いのです。

面接の時間や場所の待ち合わせ等の際には気を付けるようにしましょう。
「おっしゃられる」も同様に二重敬語ですね。
「おっしゃる」で構いません。

適切な表現を知り、相手にとっても自分にとっても適した言葉遣いが出来るようにしましょう。

人材派遣会社の面接で貴社と御社のどちらを使うべき?

1.書き言葉と話し言葉で使い分ける
人材派遣会社の面接の場合、話し言葉なので、「御社」を使用するのが適しています。

「貴社」は書き言葉の場合に使用する表現となっているため、社会人としてきちんと使い分けるようにしましょう。

2.どちらも使えるようにしておこう
「貴社」は書き言葉で使用する敬語表現です。メールのやり取りや履歴書の送付、添え状の作成などにおいては、「貴社」という表現を使用しましょう。

この正しい使い分けによって、あなたのビジネス敬語マナーを伝えることが出来ます。

3.敬語表現を正しく使い分けよう
敬語には、丁寧語と尊敬語と謙譲語があります。これらを正しく使い分けていくことで、人材派遣会社にも正しい敬語表現が出来ることをアピールしていくことが出来るでしょう。

4.ミスしやすい敬語表現について
人材派遣会社の面接を受ける際には、敬語表現を的確にできるように注意しましょう。

特に間違いやすい表現については、事前に確認しておき、正しい方法で使用できるようにしてください。