人事派遣の面接は欠席できる?

面接の欠席人間誰しも、思いがけないアクシデントに見舞われることがあります。
人材派遣の面接はとても大切な約束ですが、急な用事などが入り、やむなく欠席をしなければいけなくなることもあります。

こうした際には、早めにその旨を先方に伝えることが必要です。また、早めに対応することで先方の予定も大幅に無駄にすることなく、好印象を残すことができます。

早めに丁寧な対応とすることで、欠席した面接を別の機会に設定しなおせる場合もあります。

人材派遣の場合には、まだ就業が始まっていない場合の派遣先との連絡は派遣会社を通して行われることが一般的です。
そのため、通常の求人面接よりも早めのアクションを心がけて、連絡が少しでも早く相手先に届くようにしましょう。

しかし欠席の回数が多くなると、派遣会社の方も求職者の熱意ややる気を疑って、紹介されなくなることもあるため、注意が必要です。

本当に必要な時以外は、欠席を安易にしないことは基本となります。

欠席か辞退かで変わる人材派遣の面接の断り方

面接は求人や人材派遣などでお仕事を探している人のために企業が時間を割いてくれることで行われます。

そのため、企業の時間を無駄にしないためにも、誠実な断り方が必要です。
特に面接を欠席したい理由によっては、知らされないために余計な手間をかけることになるため、注意が必要です。

人材派遣では一つの企業がダメでも次の紹介先へ・・・と派遣元企業とは長い付き合いになるため、より慎重に行うべきです。人材派遣で面接前に辞退したくなった場合には、面接の欠席だけでなく辞退の旨も正確に伝えます。

単なる欠席では派遣会社の方も再度日程の調整に取り組むことがあります。
面接が決まった後の辞退は心苦しいものですが、他の希望者のためにも、相手企業のためにもきちんと言うことが大切です。

他の派遣会社での仕事が決まったりしていた場合でも、欠席連絡だけで放置は社会人としてマナー違反です。

もちろん、次の紹介先を探してもらうことになった時にも派遣会社との信頼関係のために曖昧にしないことが必要です。

体調不良などのやむを得ない事情で欠席する場合にもあまり回数を重ねないようにします。

人材派遣の面接の欠席はやむ得ない場合のみ

やむ得ない場合のみ人材派遣の面接が決まったら、その日までは面接の準備を整えて過ごします。服装や書類の準備だけでなく、体調の管理も大切な社会人としての準備です。

しかし、それでも時折、悪質な感染症や突然の怪我などに見舞われて面接を急に欠席することになる場合もあります。

体調はある程度までしか管理できないものですが、社会人としては、何度も欠席を繰り返すことで悪い実績を作ってしまうことになります。

人材派遣会社は、多数の企業からその人の希望する企業を探し出し、一方で企業との相性も調べるという繊細な作業を繰り返しています。

幾度も欠席を繰り返すようでは、「体が弱くて作業に耐えられないのではないか?」「また欠席をされるのではないか」と言った不安を感じて、こうしたマッチングに積極的に参加させられなくなります。

そのため、面接の欠席は本当にやむを得ない時のみにおこなうようにします。
3回以上の欠席が続くと、派遣会社もあまり信用できなくなってしまいます。

人材派遣の面接の欠席理由を明確に

人材派遣の面接を欠席する場合には、必ず前もって連絡を入れてその旨を伝えるようにします。

人材派遣会社は、きちんと就業が決まるまでは派遣先企業と求職者の連絡の橋渡しをほとんど全て行っています。

そのため、面接の欠席も人材派遣会社を通して確実に行うことが必要です。
当日の欠席であっても、面接時間や派遣会社との待ち合わせ時間までには伝えるようにします。

ドタキャンは社会人として一番やってはいけないことであり、今後の紹介にも大きく響きます。

欠席の連絡の際には、きちんと理由を伝えておきます。

こうすることで、派遣会社から派遣先企業に欠席の旨を伝える際にも説明が明確にできて、面接希望者も派遣会社も信頼を害することなく済ませられるためです。

人材派遣の場合、派遣先企業は急いで求人を求めていることも多くなるため、再面接の希望を伝える場合には面接可能となる日も伝えておくと良いでしょう。

面接を断ることで、他の希望者が面接を受けてしまうこともありますが、長くかからない療養などでは最チャンスを頂けることもあります。

欠席はあまり喜ばしいことではありませんが、適切な対応を怠らない限り、それが原因で面接の結果が悪くなることはありません。

人事派遣の面接は欠席できる?

1.人材派遣の面接の欠席は早めに伝えればOK
人材派遣の面接の欠席は、起こり得るアクシデントとして、対応さえ間違えなければ問題はありません。早く誠実な対応を心がけて、派遣先企業や派遣会社に迷惑をかけないようにしましょう。

2.欠席か辞退かで変わる人材派遣の面接の断り方
人材派遣の面接では欠席や辞退などの意思を早めに誠実に伝えることが大切です。面接前にこうした連絡をすることは気まずいものですが、社会人のマナーとしてしっかりと伝えましょう。

3.人材派遣の面接の欠席はやむ得ない場合のみ
人材派遣の面接は派遣会社の人のマッチング作業の中で選ばれたチャンスです。そのため、予定が組まれた面接を欠席し続けると派遣会社の信用を失って今後のチャンスの時に選ばれにくくなることもあります。

4.人材派遣の面接の欠席理由を明確に
人材派遣の面接をやむなく欠席する際には、派遣会社に連絡をとって、キチンと理由まで説明して誠実に対応します。派遣会社も派遣先企業に対して理由を伝えることができ、信用を失わずに済みます。